激動の人生を振り返ってみました

こんにちは、モニスタ主催者の小林です。

5月20日(木)に開催した、第605回目のモニスタの開催報告です。

「人生で最も印象に残っている出来事」というテーマで話をしてきました。気になる方はぜひチェックしてみてください。

今回のテーマは「人生で最も印象に残っている出来事」

この日は第3木曜日なので、千葉中央のKKDuoで開催。オンライン参加の方も含めて、6名の方にご参加いただきました。

テーマは「人生で最も印象に残っている出来事」。

今までの人生を振り返り、さまざまな出来事の中で最も印象に残っていることは何か。そして、その時感じたことや学んだことは何かを、お互いに紹介してきました。

紹介された「人生で最も印象に残っている出来事」

今回紹介された「人生で最も印象に残っている出来事」は、次のとおりです。

富士山の初登山

20代の頃、14~5名で富士山に登ることに。

登る前は、お年寄りや子どもが登るイメージがあって楽勝だと思い、徹夜でマージャンをし、睡眠時間1時間の状態で挑戦。

その結果、睡眠不足がたたり、高山病もあって、地獄のような思いをされたそうです。

しかも天候は雨。景色も楽しめず、体調は最悪で死を覚悟した登山とのことでした。

浜名湖での転覆事故

小学校3年生の時、プレジャーボートに乗って浜名湖で釣りをしようとした時の出来事です。

大潮で堤防を越える並みに襲われ、ボートは転覆。気を失ったものの、無事に助かることができたそうです。

翌日の新聞の一面に載るほどの大事故でした。

ちなみに、その時に助けてもらった漁師さんに言われたこと。

「助けるために海に潜ったら、ポケットの中の1万円札がなくなったから、1万円をよこせ」。

ビックリしすぎて、今でもこの発言が強く印象に残っているとのことでした。

富津のお客さまとの偶然の出会い

富津市で仕事をしていたときに、出会ったお客さまの話です。

そのお客さまは静岡市から引っ越してきたばかりで、なんと静岡市にお住まいのお母さんと妹さんの知り合いであることが判明。

富津市と静岡市。両市はつながりが全くないイメージがあっただけに、その偶然の出会いにとても驚いたのが、とても印象に残っているとのことでした。

初となるアメリカの研修旅行

大学教授として勤務していた時に、学生の引率で行った1ヶ月のアメリカ旅行です。

サンフランシスコの空港に着いたけど、手配ミスで送迎バスは来ず。

原因は時差。アメリカ国内には時差があるというのを、その時に初めて知ったそうです。

旅行先では、ウォータースキーやグランドキャニオンといった、アメリカならではの体験や観光を堪能。

最後に訪れたロサンゼルスは、治安の悪いエリアがあったというのが、今でも強く印象に残っているそうです。

青春18きっぷを使った一人旅

社会人になり、連休ができたタイミングで、青春18きっぷを使った、3泊4日の一人旅を敢行。

普通列車を乗り継ぎ、中国地方まで行かれたそうです。

広島では原爆ドームが、島根では終点駅で野宿をし、帰りの大阪では治安の悪いあいりん地区に宿泊。

どこも強く印象に残っているそうで、この旅がキッカケで今の仕事を始められたそうです。

初海外となるハワイ旅行

30過ぎで初めて訪れた海外は、新婚旅行でハワイに。

ハワイの空気がものすごく心を掻き立て、すべての出来事がものすごく楽しかったそうです。

料理、待ちゆく市民、町並み、海など、自分の予想を大きく上回る、楽しい旅になったとのことでした。

「人生で最も印象に残っている出来事」をやってみての感想

さまざまな印象に残っている出来事が紹介されました。

いずれも印象的だったのは、話してくれた人がとても楽しそうに話をしてくれたこと。

最も印象に残っている出来事なので、その時の出来事を熱意をもって紹介してくれました。

その中でも今回は「旅行」に関わる話が多かったですね。

やはり、旅行は日常生活から離れる未知の体験ができるので、強く印象に残っているようです。

そして、いずれも初めての旅行で、その旅行をキッカケに考え方や生き方が変わったという話も聞けました。

「旅行」は人の価値観や常識を大きく変えるものなんですね。それがよく理解できた会でした。

ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました^^

次回5月27日(木)のモニスタについて

最後に、次回の朝食会のお知らせです。

次回の開催は5月27日(木)、第4木曜日なので稲毛で開催します。

テーマは「買ってよかった便利グッズ」。

最近買ったものの中で、仕事や日常生活に役立つ便利なものが何かを教えてください。

もしかしたら、あなたが仕事や日常生活で感じている、ちょっとした不満を解消できるグッズと出会えるかもしれませんね。

そして、この日はオンラインも行いますので、日本全国、そして海外からの参加も可能です。ぜひご参加ください。

参加をお待ちしております!